1. ホーム>
  2. お知らせ>
  3. 「罪を犯した高齢者・障がい者への支援を考える」 講演と報告

「罪を犯した高齢者・障がい者への支援を考える」 講演と報告

 刑務所などに入る高齢者や障がい者は後を絶ちません。その実情は、またこうした方への支援はどのようなものでしょうか?そしてこうした取り組みが私たちに問いかけるものとはなにでしょうか。三重県地域生活定着支援センターが5年を終えようとする今、考えてみたいと思います

三重県、津保健所、三重県地域生活定着支援センターでは、「罪を犯した高齢者・障がい者への支援を考える」と題して講演と報告の会を開催します。

日時 3月5日(木) 13:00~15:30

場所 三重県津庁舎大会議室(津市桜橋3丁目446-34

内容 講演 「司法分野における福祉支援とは、何か」

        講師 講師急病のため調整中です。決まり次第お知らせします。

    報告 地域生活定着促進事業5年間の報告 

        報告者 三重県地域生活定着支援センター所長 小野田 正晴

詳しい内容とお申し込みは⇒チラシ表面     申し込み用紙